パパやママとペンキ塗りしたり、ワークショップに参加したり。インテリアを自分達で作る喜びが家族の時間を豊かにする。日本の子供の育つ環境が今より素敵になるよう、出来ることから挑戦する土橋陽子のブログ。
by dobashiyoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
照明
洗足カフェ
インテリア
雑記
ペイント
お茶
イベント
モンテッソーリ教育
子連れ外出
material&experiment
ロボットコンテスト
子連れ旅行
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
アンティーク・雑貨・アー...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
お知らせ:HPを作ったので、..
at 2014-06-03 17:51
AllAbout に記事を書..
at 2014-04-17 11:42
バルカナイズドファイバー_フ..
at 2014-01-09 13:33
バルカナイズドファイバー_フ..
at 2014-01-09 11:49
参加者募集中!!冬のfelt..
at 2013-11-24 14:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
インテリア・収納
旅行・お出かけ
画像一覧

タグ:子連れ外出 ( 7 ) タグの人気記事

2013年はじめのご挨拶

e0253101_2362691.jpg

 明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 今年の書き初めは「継続」です。
去年始めたインテリアワークショップや、デザインしたものをプロダクトにしていくこと、お茶のお稽古、ウォーキング等、日々の暮らしにまつわることを、きちんと継続していくこと。

e0253101_23112986.jpg

 お正月花は30日に毎年飾ります。
今年は、水仙と葉牡丹とコキアを竹の花入れに。花入れは、何時もはキッチンツールを入れてありますが、いろいろな役割をしてくれます。

e0253101_2313220.jpg

 黒豆も30日に煮ます。

e0253101_2313357.jpg

 義母さん宅で、娘と一緒にお重におせちを詰めます。去年のおせちの写真を見ながら。来年はすこしぐらいレイアウトを変えてみたいです。

e0253101_2315517.jpg

 出来上がりはこんな感じ。私の黒豆も無事、収まりました☆

e0253101_23532266.jpg

 お礼参りは、川崎大師に年末のうちに済ませます。
子連れに初詣は危険ですから、お薦めです。

e0253101_001653.jpg

 参道横はずらりと飴屋さんが立ち並び、結構楽しいです。
我が家は、お参りの後にくず餅とお饅頭(粒餡です)を買います。

e0253101_2354242.jpg

 境内で販売している、干支のお箸を愛用しております。くたびれると新調します。袋が可愛い♪
子供用は、同じシリーズのものが田園調布駅直結の駅ビル内の「中川」さん横の和風雑貨屋さんで売ってますよ♪
*川崎大師では、子供用は「パンダ」「だるま」付きのお箸しかありません。
その、パンダやだるま部分が、パキっと折れやすいです。


e0253101_23582341.jpg

 初詣は、氏神様へ。
しかも空いてる小さな方に・笑


 今年も、マイペースに色々と取り組んでまいりたいと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます!



**************************************************************

●土橋陽子の活動●

 
 2012年8月にイデー・自由が丘店で行われた「“Design life with kids! ”こどもと楽しむインテリアワークショップ ~"Let's light" を作ろう!」は大盛況のうちに終了致しました。

 2012年11月にイデー・自由が丘店で、同プログラムでの大人向けプログラム、”Design life for adult only !” も、大盛況のうちに終了いたしました。

制作協力:㈱ 竹尾


Facebookアカウントをお持ちでなくてもご覧になれる、facebookページを立ち上げさせていただきました。
e0253101_932215.jpg

 Facebookアカウントをお持ちの方は、題名横の「いいね!」ボタンを押していただければ、最新情報がニュースフィールドに表示されます。
今後、写真アルバムはどんどん追加していきます♪
何卒、よろしくお願いいたします。

*Facebookページへ簡単にいけるQRコード
e0253101_8493898.gif




関連記事
「照明ワークショップの参加者募集しまーす」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その2」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その3」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その4-下町工場編」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その5-組み立て合戦」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その6-納期ギリギリの微調整」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その7-@洗足カフェ(作品集no.1)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その8-@洗足カフェ(作品集no.2)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その9-@洗足カフェ(作品集no.3)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その9-@洗足カフェ(作品集no.4)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その11-@idee自由が丘(作品集no.1)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その12-@idee自由が丘(作品集no.2)」
「大人の『照明ワークショップ』への参加者を募集しまーす!」
「大人ワークショップの参加をお考えのアナタへ」
「大人ワークショップアイデア―craft/ニッティング」
「大人ワークショップアイデア/素材遊び・折り紙大作戦」
「満員御礼!!大人ワークショップ、予約締め切りました。」
「大盛況御礼!!大人のクリエイティビティーはすごいんです☆」
「時に大人は、子供よりも無邪気なのです」





【投稿キャンペーン第2弾】あなたの新春の一枚&新年の抱負
[PR]
by dobashiyoko | 2013-01-01 23:05 | イベント

ハロウィーンの時期のインテリア

e0253101_17424913.jpg

もうすぐハロウィンですね。
山手西洋館ハロウィンウォークは、街をあげての盛り上がりっぷりで、西洋館を廻れて楽しいですよ!


2年前は喜んで「テントウムシ」になってくれた娘も、もうプリンセスみたいなのしか着てくれません・・・ちょっと退屈。
e0253101_17452472.jpg

こんなに面白かったのに・・・子供が大きくなって、人生の秋を感じております。


ところで、そんなときでも!
皆さん、おうちのインテリア楽しんでますか?
e0253101_17344789.jpg



e0253101_174767.jpg

ピクチャーレールにぶら下げた「おばけかぼちゃ」に水を入れて、「サンキライ」を生けました。

e0253101_17492529.jpg

フォックスフェイス」は、前からあったユーカリとあわせました。
花瓶はもう少し土っぽいものを選びたかったけど、枝が重く手持ちのは無理でした。
安定のいいikeaのものを。


e0253101_17512941.jpg

娘(小1)に絵を描いてもらいました。



e0253101_1752856.jpg

友人に教えてもらった、大岡山の素敵お花屋さん「花りん」さんで購入しました。
彼女の背後にあるウネウネした枝も「おどろおどろしい雰囲気に出来ますよ」とのこと。

e0253101_17532985.jpg

雨の日は10パーセントオフですって!
写真右横のチョコレート色のカラーも欲しかったけど、次回に!



e0253101_1815314.jpg

ついでに、我が家の玄関のコーナーはお菓子と、私の仮装用のキャットマスクを。
横浜まで行くなら、大人も楽しまないと☆


e0253101_188262.jpg

でも、ハロウィンのことよく知らないの・・・ってわけで、絵本で復習します。



**************************************************************

●土橋陽子の活動●

リクエストの多かった同プログラムでの「大人ワークショップ」を11月10日(土)イデーにて開催決定しました~!!


e0253101_15283167.jpg


 
2012年8月にイデー・自由が丘店で行われた「“Design life with kids! ”こどもと楽しむインテリアワークショップ ~"Let's light" を作ろう!」は大盛況のうちに終了いたしました。

沢山の「大人も作りたい!」の声にお答えして、数々のデザインイベントの行われる11月に、イデー自由が丘店で同プログラムの大人向けワークショップを開催いたします。

“Design life with kids! ”改め、スペシャルエディション ”Design life for adult only !” と称し、kidsのあふれる創作意欲に負けない!インテリアに積極的に関わる、デザインコンシャスな大人達の遊びの場として、一緒に手を動かしたいと思います。

制作協力:㈱ 竹尾


開催場所:イデー自由が丘店 東京都目黒区自由が丘2-16-29
日時:2012年11月10日(土)
①11:30~13:00
②14:30~16:00
参加費 ¥3800

申し込みはイデーHPにてお願いいたします!
 


関連記事
「照明ワークショップの参加者募集しまーす」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その2」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その3」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その4-下町工場編」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その5-組み立て合戦」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その6-納期ギリギリの微調整」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その7-@洗足カフェ(作品集no.1)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その8-@洗足カフェ(作品集no.2)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その9-@洗足カフェ(作品集no.3)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その9-@洗足カフェ(作品集no.4)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その11-@idee自由が丘(作品集no.1)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その12-@idee自由が丘(作品集no.2)」
[PR]
by dobashiyoko | 2012-10-18 17:58 | インテリア

10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その9-@洗足カフェ(作品集no.3)

e0253101_23245018.jpg

迷わずにグレーを選び、ペンをむんずと掴んで一心不乱に描き続ける2歳の男の子。
みなぎる創作意欲。
e0253101_2333361.jpg

5分で終了(!)「やりきった感」にあふれて、部屋の隅っこで熟睡するという大物っぷり。
こういう「子どもらしい」迷いない感じって、大人にはまぶしいですよね。

でも、
「子どもらしさ」って幻想だと思うんです。


e0253101_072258.jpg

「こだわりポイント」がみんな違って、すごい集中力をディテールで使い切っちゃったり・・・この時点でお母様は「あー、男子は細かいトコから攻めてくからねー」と苦笑い。
e0253101_0144638.jpg

でも、ハネをカットするとかっこよくなるかも~なんて聞こえるように言うと、思いつきもしない斬新なカットを加えたおかげで、最初の「縁日のラムネの型抜きレベル」で刻んだ針の穴からもれる光との対象が面白い作品になりました。


意外と子どもって、親に気を使うというか・・・お母さんが「天井吊りにして使うと思う」とお話されたのを聞いていたのか、
e0253101_0104625.jpg

なんとなく内側だけに絵を描いて「おわりにする」と言ってきたけど、「もし、壁を照らしたくなったらそのときはどうしようか?」と聞くと、
e0253101_085015.jpg

ナニカのスイッチが入ったかのようにシェードの外側に描いた絵の力強いこと。
どんな風に使っても、お気に入りになってよかったね。
e0253101_0351819.jpg





もう少し素敵にしたいけど、どうしたらいいのかよく分からない子にも
e0253101_0285977.jpg

お話して、バラをつけてみるのことも出来るよ、とアドバイスしてくれているSIさん。やっぱりセンスいいなー。
e0253101_031480.jpg

パステルとオイルパステルを、羽ごとに同系色で、まとめているあたりにセンスを感じます。お母様から夜頂いたメールでは、「家族みんなでランプを囲んで過ごしてくれた」とのこと。すごく気に入ってくれたんですね、ご家族に自慢したくなるような作品作りをしてもらえたこと、それがとても嬉しいです。





・・・一方で明確なビジョンをもって作品に取り組む子もいます。
外はパステルで虹色なんだけれど・・・内側に「黒く塗りつぶされた人間」だけが5人描かれているだけで「出来た」と満足そうに報告に来た小学生の女の子。
e0253101_0443518.jpg

「オーロラの中に立っている、うちの家族」なんですって!
「点灯すると、内側に描いたオイルパステルの絵が浮かび上がる」と何気なく見せたサンプルで、ここまで明確に作品作りに生かすとは!!!脱帽です。


e0253101_0474214.jpg

内側に金魚を、外側に金魚鉢や水面を描いたサンプルを見て「透け」を見ているお母様。今日は保護者だけど、ご自身も作りたいっとのこと。嬉しい限りです・笑



子供も「子供の事情」で悩み、手を動かしながら「考えて」作品作りをするから、完成品への思いもひとしおで、毎日の生活の片隅にプロダクトを「仲間入り」させてくれるような気がします。

 そばで見ていてハラハラされる親御さんの気持ちに「強いシンパシー」を感じながらも、(自分の子供のモチベーションにはいつもハラハラさせられている親の一人です、私も。)できれば、一歩ひいた「科学する目」で観察して、必要ならお声がけや援助をしながら「今のお子さんのお気に入り」を一緒に引き出せてあげられたらいいな~と思って取り組まさせていただいております。




**************************************************************

●土橋陽子の活動●
e0253101_20201294.jpg

夏休みに、子供向けのワークショップを開催しております。
10年ぶりのデザインになる、紙(バルカナイズドファイバー)で照明を作ります。
おかげさまで、ほとんどのクラスは定員に達しました。現在、24日(金)14:30~のクラスのみ、参加者募集しております!!!

お申し込みはイデーHPよりお願いいたします。




関連記事
「照明ワークショップの参加者募集しまーす」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その2」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その3」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その4-下町工場編」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その5-組み立て合戦」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その6-納期ギリギリの微調整」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その7-@洗足カフェ(作品集no.1)」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その8-@洗足カフェ(作品集no.2)」
[PR]
by dobashiyoko | 2012-08-18 01:13 | 照明

10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その8-@洗足カフェ(作品集no.2)

e0253101_105520.jpg


 ワークショップのプログラムでは、構造を理解するために練習用の比較的柔らかい紙を用意しています。

 平面の紙を折ったり、曲げたり、差し込んでいくと、立体になっていくフシギを体験したいのと、
e0253101_164098.jpg

どこにどのように色を塗ったり、形を切ったりするのか、ある程度以上の年齢の子は完成をイメージする為の立体スケッチブックとなります。

e0253101_113198.jpg

 その後、型と紙のキットの関係なんかを、サラリと説明して「ものづくり」の過程に自分がいるということを、なんとなく感じてもらえたらいいなーと考えてます。

そんな、こんなしながら、最も熱の入るのは「作業」の時間。

e0253101_1154164.jpg

オイルパステルとパステルでお絵かきを楽しんだ幼稚園生の女の子。テクスチュアの違いを使い分けている(!)本能的に理解するのか、周りを見ているのか、すごいなー。

e0253101_1162094.jpg

パステルの「グラデーション」使いにハマッた小学生の男の子。ブルーグリーンの深い海のようにも、油粘土のようにも見えるフシギなテクスチュアに。独特です。

e0253101_1215526.jpg

赤とゴールドのポスカで線画を楽しんだ幼稚園生の女の子。やっぱり、点灯すると動かなくなる・・・確かにあかりを入れると印象がガラリと変わるものね、ほっぺたが照らされています

e0253101_1235382.jpg

全体的にパステルカラー(パステルだもん!!)で仕上げ、ピンで細かい模様を、クラフトパンチで穴を、職人・加藤さんに開けてもらった小学生の女の子。いろんな光の漏れ方がします。(それにしても、女子は手伝ってもらう相手を間違えないってのが、すごいなー)

e0253101_1265934.jpg

オイルパステルとパステルでお絵かきを楽しんだ小学生の女の子
点灯しないと見えない、オイルパステルで描いた内側の車が透ける事を発見していました。

e0253101_1314486.jpg

満面の笑みの幼稚園生の男の子。グレーを選び、ポスカの赤でためらいなくスラスラと描いてました。その後、机の下で一休み。お声がけさせてもらうと、その後復活して目打ちで黙々と穴を開けてました。
e0253101_1362417.jpg

小さなお子さんですが、目打ちを上手に扱えていました。モンテッソーリの提示を取り入れた説明をして、お約束が守れるか確認し、大丈夫そうであれば親御さんの了承を得て、本物の工具を使ってもらうようにしています。

子どもの頃から本物の道具を扱える喜びも提供していきたいと思っております。







**************************************************************

●土橋陽子の活動●
e0253101_20201294.jpg

夏休みに、子供向けのワークショップを開催しております。
10年ぶりのデザインになる、紙(バルカナイズドファイバー)で照明を作ります。
おかげさまで、ほとんどのクラスは定員に達しました。現在、24日(金)14:30~のクラスのみ、参加者募集しております!!!

お申し込みはイデーHPよりお願いいたします。




関連記事
「照明ワークショップの参加者募集しまーす」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その2」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その3」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その4-下町工場編」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その5-組み立て合戦」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その6-納期ギリギリの微調整」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その7-@洗足カフェ(作品集no.1)」
 
[PR]
by dobashiyoko | 2012-08-17 12:00 | 照明

10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その7-@洗足カフェ(作品集no.1)

e0253101_23413867.jpg


 おかげさまで、洗足カフェでのワークショップは、大盛況のうちに無事終了いたしました。
暑い中、ワークショップに来てくれたみんな、お子様の作品作りのためにお付き合いいただいた保護者​の方にも、心から感謝しております。
また、準備や片づけ、撮影にお会計までお​手伝いいただき(!)ありがとうございました。

 
e0253101_2342263.jpg


 ひたむきに新しい画材、素材、工具に取​り組む姿は力強く、新品のパステルセットもいい感じで「やれて」​きて、ちょっと胸を打ちます。

沢山の子ども達、それぞれ本当に思いもよらないような素敵な作品​に出会えた二日間でした。

「洗足カフェ」というコミュニティーカフェの存在が、子育てしな​がらもマイペースに社会復帰するきっかけを与えてくれました。
e0253101_23491675.jpg

洗足カフェさんが、ワークショップ用特別スイーツ「くまちゃんシュークリーム」を作ってくれました!

e0253101_23511111.jpg

初日には、職人の加藤さんが遊びに(というか、完全にお手伝いに・・・ありがとうございますっ)来てくれました。

子ども達の、思い思いの作品達をいくつか紹介させてください。

e0253101_23535744.jpg

ピンクのパステルと、紫のパステルを全面に塗った幼稚園生の女の子。周りの大きい子のやり方を上手にまねして、きちんとパステルを寝かして。点灯したら、しばらくじーっと動かなくなりました。

e0253101_23554822.jpg

ピンクのパステルと、ピンクの薄紙のお花やリボンをつけた小学生の女の子。やっぱりきれいな仕上がりで、幼稚園女子の注目の的。

e0253101_23575899.jpg

ピンクの大きなリボンと、小さなリボン型に開けた穴の周りに、ゴールドのレースを描いた小学生の女の子。職人・加藤さんにクラフトパンチで穴を開けてもらったそうです(私には、どうやっても硬くて開かなかった・・・加藤さんにお願いするあたり、やるなー・笑)

e0253101_011296.jpg

見本にあった模様を真似していたんだけど、やっぱりオリジナリティーあふれる絵になった幼稚園生の男の子。ピンクが好きなんですって。

e0253101_0253699.jpg

黄色のツルツルの紙を大胆に切って、貼り付けた幼稚園生の男の子。
e0253101_0302896.jpg

その日の夜のお写真をお母様からメールで頂きました。パパに自慢してくれたとのこと、嬉しい限りです。絵本読んだのかな?

 自分のデザインしたプロダクトの向こう側に見える「幸せな日常風景」を覗き見できたような感じです。ありがとうございます。

これからも徐々に、作品の写真アップしていきます!
子ども達のクリエイティビティーって、本当にすごいんですっ




**************************************************************

●土橋陽子の活動●
e0253101_20201294.jpg

夏休みに、子供向けのワークショップを開催しております。
10年ぶりのデザインになる、紙(バルカナイズドファイバー)で照明を作ります。
おかげさまで、ほとんどのクラスは定員に達しました。現在、24日(金)14:30~のクラスのみ、参加者募集しております!!!

お申し込みはイデーHPよりお願いいたします。




関連記事
「照明ワークショップの参加者募集しまーす」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その2」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記-その3」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その4-下町工場編」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その5-組み立て合戦」
「10年ぶりの照明デザイン奮闘記・その6-納期ギリギリの微調整」
[PR]
by dobashiyoko | 2012-08-16 16:50 | 照明

おコメの学校2日目・3日目(代かき~田植えまで)

田んぼの学校2日目。
各家庭で育てることになった「苗の健康診断&代かき」です。

先生いわく「子供と同じで、わがままに伸びっぱなしにならないよう(胚芽から栄養ばっかり吸っているとヒョロヒョロで、根っこをのばさない)。しつけしすぎても、いじけちゃうからホドホドに」・・・なんだか、各ご家庭のお子さんを見られるような変な気持ちに。高まる緊張感(笑)

e0253101_21373877.jpg

どきどきの健康診断に並びます。

e0253101_21385333.jpg

「うーーん。ちょっと発芽が遅れちゃったかな?でも、根っこもすごく伸びてるし、葉っぱも2枚ちゃーんとついてる。これからグングンのびるよ。きちんとしつけも出来てるね」

・・・遅咲きで、しつけされまくりのわが子達のようですね。グングン伸びて欲しいものです。

e0253101_2145463.jpg

公園の片隅の大きな水溜り・・・ですが、これから「代かき」をして「田んぼ」にします。

e0253101_21483579.jpg

「土」と「水」の荒地を、みんなで踏み均して、「泥」の状態にしていきます。
低いところに泥が流れていって平らな田んぼになって行きます。
これを「代かき」と言うそうです。


e0253101_21523870.jpg

覚悟していた以上に、全員泥だらけです。

「これから、帰ったら苗の葉のちょっと頭を出すまで、水を張ってください。来週の田植えの前の日には、今度はその水を全部抜いてカラカラにしてください。そうすることで、どんな環境でも育つ、丈夫な稲になります」

e0253101_21553978.jpg

再び、我が家のテラスにもどった苗は水浸しに。

・・・・・・そして、一週間がたちました。
e0253101_21565866.jpg

カラカラ状態で紙袋に入れられて、電車で田んぼに向かう苗。

ふむふむ。
先生「皆さんが今日まで大事に育ててきたカラカラの苗は、新しい環境(田んぼ)でグングン水を吸い、根を伸ばすのです。」
まるで、新しく学校で親の手から離れて、新しい知識を得ていく子供たちのようですね。
e0253101_2202892.jpg

子供たちも田んぼの状態をチェック。

まずは、湧水で少し湿らせてペットボトルからはずします。
e0253101_2214545.jpg

そして、優しくほぐします。
e0253101_2221652.jpg

2本から3本ずつに分けます。
e0253101_2225060.jpg


お兄ちゃんは最年長、というだけの理由でトップバッターで植えることに(!)
e0253101_2235032.jpg

妹も続きます。竹に印がついていて、一列植えると竹を移動します。
e0253101_2244170.jpg

幼稚園生は、ママと一緒に。
e0253101_225997.jpg

私も植えさせていただきました。体重が子供よりあるためか、かかとが抜けなくて大変でした。
e0253101_22604.jpg


これからは、成長するまで「田んぼの水やり当番」を順番にみんなですることになります。
まるでPTAのようです。

都会に、土地の代金が高すぎてぽっかりと出来た「田舎」。おかげで、子供を遊ばせついでに水やり当番できます。子供が遊んでいる間にアンティークショップにもママ友さんと行きました笑
錫で出来たスズランの千枚通し
e0253101_2292318.jpg

今度、夏休みに洗足カフェで開くことになったファミリーワークショップで、みんなにも使わせてあげようっと。
ワークショップの話は、また今度~!
[PR]
by dobashiyoko | 2012-05-28 22:11 | 雑記

お薦めの有料庭園・有料施設

 休日なのに夫が仕事の日、皆さんはいかが過ごされてますか?
私一人で、子供達(二人)を遊ばせるときは、有料庭園をよく利用します。

 理由は、「100円~300円払うだけで、変な人が絶対にいない」から、安心して遊ばせられるためです。うちは兄弟で性別が違うため、少し興味がばらばらなのもあり、大人一人で二人を見るのはなかなか大変だったので(最近は言うことを聞いてくれるので助かりますが)、安全な環境は必須条件でした。
 
 庭園美術館のお庭(お庭のみの利用可)や、自然教育園、新宿御苑、浜離宮は本当にお勧めです。
*庭園美術館は平成23年11月1日~平成26年中リニューアルオープンするまで休館とのこと(お庭の整備も含む)残念・・・
 
 雨の場合は有料施設を利用します。庭園より割高ですが、たっぷり体を動かさせてあげられるのが魅力です。表参道の「こどもの城」か、みなとみらいの「kid-o-kid(キドキド)」によく行きます。キドキドの中はこんな感じ。
e0253101_131382.jpg
汗だくになって走る巨大トランポリン。奥には、壁もトランポリンになっているコーナーがあります。
e0253101_143574.jpg
回転ホイールはかなり未体験な感覚で面白いです。
e0253101_15214.jpg
キドキド出ても、ボーネルンドのおもちゃでしばらく遊んでいます。

 原美術館も展示会の内容によっては子供も楽しめます。お庭に席のある素敵なカフェもあります。
(小学生には庭が狭いけど、幼児には十分広い)ギャラリーショップの品揃えが楽しい!

■1日を過ごすお勧めパターン

○庭園美術館のお庭で過ごす場合
庭園美術館HP お弁当持ってお昼前から遊ばせて、おやつに「金田中」のやってるカフェで一休みして帰宅。(ランチは混みます)
*庭園美術館は平成23年11月1日~平成26年中リニューアルオープンするまで休館とのこと
詳しくは→庭園美術館休館について

○自然教育園で過ごす場合
自然教育園HP
e0253101_0551670.jpg
都会とは思えないほどの迫力ある森。
お弁当を持って遊びに行きます。

子供の機嫌のいいときは、「ミナ・ペルホネン」を覗いて帰ります。
ミナ・ペルホネンHP


○青山こどもの城で過ごす場合
こどもの城HP
e0253101_0583146.jpg
ここのボランティアの方は、他の施設とは一味違います。イベントによっては、幼児に本物の工具も使わせてくれます。写真は以前参加した「君も大工さん!」というGWイベントのもの。
・パターン1:お昼ちょっと前から遊ばせて、出入り自由のチケットなのでランチは外で(土・日曜日は、隣の国連大学前の「ファーマーズマーケット」内の屋台でオーガニックなランチが食べられます。)午後も遊ばせて、夜ご飯用の野菜をファーマーズマーケットで買って帰る。
ファーマーズマーケットHPルッコラや空芯菜・下仁田ネギなど、スーパーでは高価なものが安く買えます。生花のバラも鮮度がいいのか1週間以上持ちます。

・パターン2:午前中遊ばせて、徒歩移動してランチをクレヨンハウスで。絵本を買って帰ります。
クレヨンハウスHP

○キドキドで過ごす場合
kid-o-kidのHP
お昼済ませて午後から遊びに行きます。夜ご飯はもちろん「元町中華街」で。決まったお店しか行かないけれど、他のお店を誰かに連れて行ってもらうのもいいかなぁとも。(東急の「みなとみらいチケット」を買っておけば、みなとみらい線は乗り降り自由なので便利)帰りには、友人に教えてもらった「まるた小屋」の豚足と、クコの実・塩味の胡桃の缶・桜海老、花びらが開くお茶なんかを買います。
まるた小屋HP

 明日から、一泊箱根に行ってきます。
0歳児から楽しめる子連れ箱根旅行は、またの機会に!!
[PR]
by dobashiyoko | 2011-11-20 01:34 | 子連れ外出