パパやママとペンキ塗りしたり、ワークショップに参加したり。インテリアを自分達で作る喜びが家族の時間を豊かにする。日本の子供の育つ環境が今より素敵になるよう、出来ることから挑戦する土橋陽子のブログ。
by dobashiyoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
照明
洗足カフェ
インテリア
雑記
ペイント
お茶
イベント
モンテッソーリ教育
子連れ外出
material&experiment
ロボットコンテスト
子連れ旅行
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
アンティーク・雑貨・アー...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
お知らせ:HPを作ったので、..
at 2014-06-03 17:51
AllAbout に記事を書..
at 2014-04-17 11:42
バルカナイズドファイバー_フ..
at 2014-01-09 13:33
バルカナイズドファイバー_フ..
at 2014-01-09 11:49
参加者募集中!!冬のfelt..
at 2013-11-24 14:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
インテリア・収納
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おコメの学校2日目・3日目(代かき~田植えまで)

田んぼの学校2日目。
各家庭で育てることになった「苗の健康診断&代かき」です。

先生いわく「子供と同じで、わがままに伸びっぱなしにならないよう(胚芽から栄養ばっかり吸っているとヒョロヒョロで、根っこをのばさない)。しつけしすぎても、いじけちゃうからホドホドに」・・・なんだか、各ご家庭のお子さんを見られるような変な気持ちに。高まる緊張感(笑)

e0253101_21373877.jpg

どきどきの健康診断に並びます。

e0253101_21385333.jpg

「うーーん。ちょっと発芽が遅れちゃったかな?でも、根っこもすごく伸びてるし、葉っぱも2枚ちゃーんとついてる。これからグングンのびるよ。きちんとしつけも出来てるね」

・・・遅咲きで、しつけされまくりのわが子達のようですね。グングン伸びて欲しいものです。

e0253101_2145463.jpg

公園の片隅の大きな水溜り・・・ですが、これから「代かき」をして「田んぼ」にします。

e0253101_21483579.jpg

「土」と「水」の荒地を、みんなで踏み均して、「泥」の状態にしていきます。
低いところに泥が流れていって平らな田んぼになって行きます。
これを「代かき」と言うそうです。


e0253101_21523870.jpg

覚悟していた以上に、全員泥だらけです。

「これから、帰ったら苗の葉のちょっと頭を出すまで、水を張ってください。来週の田植えの前の日には、今度はその水を全部抜いてカラカラにしてください。そうすることで、どんな環境でも育つ、丈夫な稲になります」

e0253101_21553978.jpg

再び、我が家のテラスにもどった苗は水浸しに。

・・・・・・そして、一週間がたちました。
e0253101_21565866.jpg

カラカラ状態で紙袋に入れられて、電車で田んぼに向かう苗。

ふむふむ。
先生「皆さんが今日まで大事に育ててきたカラカラの苗は、新しい環境(田んぼ)でグングン水を吸い、根を伸ばすのです。」
まるで、新しく学校で親の手から離れて、新しい知識を得ていく子供たちのようですね。
e0253101_2202892.jpg

子供たちも田んぼの状態をチェック。

まずは、湧水で少し湿らせてペットボトルからはずします。
e0253101_2214545.jpg

そして、優しくほぐします。
e0253101_2221652.jpg

2本から3本ずつに分けます。
e0253101_2225060.jpg


お兄ちゃんは最年長、というだけの理由でトップバッターで植えることに(!)
e0253101_2235032.jpg

妹も続きます。竹に印がついていて、一列植えると竹を移動します。
e0253101_2244170.jpg

幼稚園生は、ママと一緒に。
e0253101_225997.jpg

私も植えさせていただきました。体重が子供よりあるためか、かかとが抜けなくて大変でした。
e0253101_22604.jpg


これからは、成長するまで「田んぼの水やり当番」を順番にみんなですることになります。
まるでPTAのようです。

都会に、土地の代金が高すぎてぽっかりと出来た「田舎」。おかげで、子供を遊ばせついでに水やり当番できます。子供が遊んでいる間にアンティークショップにもママ友さんと行きました笑
錫で出来たスズランの千枚通し
e0253101_2292318.jpg

今度、夏休みに洗足カフェで開くことになったファミリーワークショップで、みんなにも使わせてあげようっと。
ワークショップの話は、また今度~!
[PR]
by dobashiyoko | 2012-05-28 22:11 | 雑記

シャルロット・ペリアンと日本展@目黒美術館を見て

 先日、目黒美術館で6月10日まで催されている「シャルロット・ペリアンと日本」展を見に行ってきました。

e0253101_2305421.jpg

本当に、すばらしい展示会です。考えさせられる展示構成になっています。


シャルロット・ペリアンはフランス人女性建築家で、モダニズム建築の生みの親「ル・コルビジェ」という建築家のもとで働いていました。主にコルビジェの苦手としていた家具やインテリアにおいて才能を発揮された人です。
彼女のデザインしたもので、有名なのは「コルビジェの寝椅子」とも呼ばれる「LC4シェーズロング」あたりでしょうか。
e0253101_2362712.jpg

*カッシーナさんのhpから画像は使わせていただいております(ありがとうございます)
「コルビジェソファー」なんて呼ばれているLC3だって、展示会のスケッチ見る限りでは彼女の作品ですね。スケッチがたくさん見れるんですよー!!!泣かすー
e0253101_23191119.jpg


で、じゃーん!!!
有名なシェーズロングの「竹」バーションです!!!
e0253101_2320930.jpg


素敵~!竹のほうがすき!なんて、消費者(家具好きとしては「買う」目線も常にある)目線だけで見てしまいがちですが、

その頃の日本は戦争中で、鉄は軍事目的にすべからく使うものであり、代用材として”竹”が公的に使われていた」
という事実がありました。作り手にしてみれば同じアイデアで、作ったものです。見た目の印象が違いますが(一方はシャープですが、もうひとつは有機的な)、のっぴきならない事情が、新しい材料を見出すことになった、という言い方のほうがしっくりきますね。

なぜ、日本の「竹」なのか?
彼女は実は、コルビジェの事務所に武者修行に来ていた、坂倉順三が帰国した後、彼の仲介で、日本に招聘されたことがあります。
その滞在期間中に、日本政府の厚いもてなしの中様々な場所を見て歩きます。政府の思惑は「海外に通用するようなデザイン・工業力を持ちたい」という、切実な思いがあります。(この頃の日本の乗用車は、トヨタの出していた自家用車1種類以外はすべて輸入品だった。という時代背景ですって)

展示会では、もっとすごいプリミティブなバージョンのシェーズロングが見れます。
今風に言うなら「シャルロットMeets東北 feat.農民の手仕事」(なんのこっちゃ)なものです。


その案内人の一人に、若き日の柳宗理さんがいらっしゃるんですよ!
柳さんといえば「バタフライスツール」
e0253101_23442494.jpg

展示会には、「柳さんが削りだしを手伝わされたテーパー脚のテーブル」という本邦初公開の素敵なダイニングテーブルも見れますよ!
あ、話がずれそう・・・。

その中で、ペリアンは「どうしたら日本は世界に通用するものを作り出せるか」という答えのアウトプットとして、高島屋で「伝統・選択・創造」という展示会を催します。

その後、彼女はエールフランスの極東社長と結婚して、その極東支社が日本にあった為、再び日本を訪れ何年かを過ごし、展示会を開きます。

桂離宮の違い棚をヒントに製作した収納家具。
e0253101_014786.jpg



今の日本で、ナニを選択してナニを創造するのか、問いかけてくるような展示会でした。



*そういえば、仮設住宅のアイデアスケッチ、実際建てたものの写真の展示もありました。

 森 仁史先生(金沢美術工芸大学教授、日本デザイン史)のギャラリートークが聞ける日に、見たのがまたよかったです。

 
[PR]
by dobashiyoko | 2012-05-20 00:15 | 雑記

お米の学校1日目

 おおたく環境探検隊さん主催の「お米の学校」に、幼稚園時代のママ友さんに誘われて、子供と1年間通うことになりました。
今日はその一日目。
e0253101_239413.jpg



 多摩川駅から徒歩30秒のせせらぎ公園の片隅に、小さな田んぼを作ります。
せせらぎ公園は、私がイデー時代の最後の仕事「森のカフェ」の現場で、
e0253101_2391957.jpg

子供の幼稚園帰りに毎週遊んだ思い出の公園です。
e0253101_2393867.jpg



「お米の学校」の臼井先生。都内の小学校で稲の育て方を教えていらっしゃる「プロ」です。
e0253101_2395056.jpg


先生の作ったテキストは「胚芽」を「いのち」とイラストで示し、お米を育てるには「愛情としつけ」が重要と(!)子育てのようですね。
e0253101_2310810.jpg


今日は、健康な赤ちゃんなる「たねもみ」を選別し、にごってますが…水に沈んでいるのが「健康」な種もみです。
e0253101_23115562.jpg

子供は水遊びが大好きですよね~
e0253101_23133929.jpg


お米の保育園(幼稚園)の入園式をしました。
e0253101_2312830.jpg



自宅に持ち帰り、発芽までは水没(?)させて、温度を高くするよう(30度で発芽)ビニールをかぶせ、毎日お水を入れ替えます。
我が家のミニミニ水田。
e0253101_23122463.jpg


芽が出たら、「勇気がいるけどしつけをする」=指で押す(!)そうです。
2週間後の「苗の健康診断」、3週間後の「田植え」までドキドキです!
わからないこと、様子がおかしい場合は写メで、いつでも先生に質問できるとのこと。頼もしいです

かわいい出席カードもくれます!
e0253101_2312425.jpg


散々遊んで帰ったら、崎陽軒の嬉しいお土産が待っていました~
「はなカッパ風」一輪挿しに。
e0253101_231347.jpg

[PR]
by dobashiyoko | 2012-05-06 22:48 | 雑記