パパやママとペンキ塗りしたり、ワークショップに参加したり。インテリアを自分達で作る喜びが家族の時間を豊かにする。日本の子供の育つ環境が今より素敵になるよう、出来ることから挑戦する土橋陽子のブログ。
by dobashiyoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
照明
洗足カフェ
インテリア
雑記
ペイント
お茶
イベント
モンテッソーリ教育
子連れ外出
material&experiment
ロボットコンテスト
子連れ旅行
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
アンティーク・雑貨・アー...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
お知らせ:HPを作ったので、..
at 2014-06-03 17:51
AllAbout に記事を書..
at 2014-04-17 11:42
バルカナイズドファイバー_フ..
at 2014-01-09 13:33
バルカナイズドファイバー_フ..
at 2014-01-09 11:49
参加者募集中!!冬のfelt..
at 2013-11-24 14:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
インテリア・収納
旅行・お出かけ
画像一覧

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

モンテッソーリ算数教育(2歳児~6歳児)その2

 前回に続き、美しいモンテッソーリの算数教育の教具の紹介をさせていただきます。モデルは当時3歳の長男です。

e0253101_1932060.jpg

 シール貼りをしながら、「数と数詞の一致」と、色で「緑→2」といったようなことを刷り込んでいます。後の上級算数(小学生以降の算数)で行うさまざまな計算にあたって、考え方の過程にフォーカスするために、前提の数の段階で間違わないようするための仕掛けになっています。
*ちなみに、純粋にシールを丸に貼っていく「シール貼り」のお仕事は、2歳児人気ナンバー1の活動です・笑 シール貼りの延長から、この数の世界に入っていくお子さんも多いとのこと。数の世界への入り口は様々あります!

e0253101_23473825.jpg

「シール貼り」のお仕事から「金ビーズ」(「金ビーズ」は算数の計算をいていく上で、すべての前提になっていく、モンテの算数教育の非常に重要な教具です)へ移行する途中段階の「色ビーズ」と「数詞」の一致をしているところ。
写真ではよく見えませんが、ビーズとビーズの間に厚紙を挟みいれて、実際にビーズがいくつつながっているかひとつひとつ数えて確かめています。先ほどの「緑→2」と同じ色の法則で、ビーズも色分けされています。ビーズの大きさ、重さは金ビーズと同じです。

e0253101_23474991.jpg

ついに出たー!!!(かなり、興奮してしまいます)これがっ、かの有名な(?)「金ビーズ」です。イミテーションの真珠のような一粒の「金ビーズ」を「1」として、針金でつながっていきます。本来、数には色がないので、色ビーズより「数」の概念に近くなっています。

 金ビーズは「10」になると形が変わります。(つまり、この前段階に「10」の概念をわかっている必要があるのですね!)
・写真の一番息子に近い、一粒の金ビーズが9個ならんでいます。
・次の「10」で形が変わります。「線」のような形に10粒のビーズが連なった金ビーズを扱っていきます。それが9つ並んでいます。
・次の「10」で形が変わります。「線」のようだった「10」を10本並べると(つまり100)「面」ができます。(俗に「座布団」と呼ばれることもあります)それが9つ並んでいます。
・「100の座布団」を10枚重ねると(つまり1000)キューブのような形になります。これくらいになると、金ビーズはかなり「ずっしり」とした重さになり、「1000ってずいぶん多い数なんだなぁ」と、しみじみ感じます・笑 *写真のキューブ形のものが「1000」です!

 「1」や「1000」は「
 「10」は「
 「100」は「

そして、「1000」のキューブを10個並べると「線」のような形になっていき、つまり数の世界は「点・線・面」で構成されている(らしい)フシギを無意識のうちに体験していきます。

 モンテッソーリ教育では、数の概念をダイナミックに10進法でまずは刷り込みます。
この時点では3歳児の皆さんは、1→9まではわかるのですが、10の次が「11」であることは知りません・笑 10の次は20(10連なった金ビーズ2本)であり、100の次は「200」ということになっています。
 このあと、10から100までは11、12、13・・・99、「100」であることを学んでいきます。

 「金ビーズによる、様々な演算」へつづく。(まだまだつづく・・・)

**************************************************************


■現在、募集中のワークショップ
e0253101_9412617.jpg

■第1弾「feltで作るlet's light!」 *電源は天井引っ掛けシーリングになります。
開催日時:8月3日(土)11:30~、14:30
8月4日(日)11:30~、14:30
開催場所:ファブカフェ  東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F
tel:03-6416-9190
参加費:4500円
・定員:各クラス4名程度
・対象年齢:3歳~何歳でも
  *小学生までは、保護者同伴でお願いいたします。
・服装:汚れてもいい格好
・おおまかなプログラム内容:レーザープリンターでその場でカットされたフェルトの照明の傘を、刺繍糸をつかって組み立てます。小さなお子さんはボンドで。デジタルファブリケーション初心者向けの楽しい、手芸要素もあるプログラム。申し込みはファブカフェHPにてお願いいたします。

*詳しく内容を知りたい方は、下記の関連記事をご覧下さい。
ルーミーさんの記事が、よくまとまっているかと思います(私の記事よりも・笑)




 
[PR]
by dobashiyoko | 2011-12-09 00:02 | モンテッソーリ教育

モンテッソーリの算数教育(2歳~6歳編)その1

 デザインも美しいモンテッソーリの教具の中でも、特に美しくて魅力的なのが算数教育の教具!!数がナニなのか、「感覚」的なところから始まり、「かず」と「数詞」との一致、重さによる量の把握、10進法の中に潜む「点・線・面」でこの世は構成されているフシギに触れることができます。

 後につながる「上級算数」(6歳~)の序章でもあり、奥深い数の世界への入り口に、当時2歳だった長男が無垢な好奇心で関わっていく様子を追っていきます。

 とにかく、電車が好きで整列させることが大好きだった息子。当時1歳。そばボーロを食べているはずが、少し目を放した隙に・・・
e0253101_012176.jpg


 電車に見立てた食器類は配列され・・・
e0253101_01433.jpg



 たぶん、電車に見立てた棒を並べて配列しているのが、この「お仕事」を「やってみよう!」と思ったきっかけなのではないかと思われます。ならば、かなりのモチベーションの高さで関わっているのではないかと思われます・笑
e0253101_2334635.jpg

これは、長さによる1から10までの数の大きさを「長さ」であらわしています。わかりやすいように、赤と青で塗り分けられた木の棒を交互に並べるお約束をしてあります。
 *この前段階に赤1色の棒の長さ(重さ)の変化で、数の大きくなる感覚を体感する教具もあります。それは、この赤・青と同じ長さ・重さで構成されています。
 
 写真で、彼は「数詞」を棒と対応させています。
子ども達は「量」としての「かず」を体感し、(赤い棒はだんだん長くなるにつれ、重くなる等)同じ感覚ずつ増えていく様子をつみき遊びのように体を動かしながら感じ、「かず」に固有の名前「数詞」がある、ということを教えられて、感覚的に一致させていく過程を経て理解を深めていきます。

e0253101_23271919.jpg

数詞と数を今度は別のアプローチで「提示」を受けている様子。先生の並べ方に注目してください。
奇数の数詞のおはじきは「真ん中」に置かれています。後に、偶数は「おはじきの真ん中を指で2つに分けられる」もの。奇数のものは「真ん中におはじきがあって、2つに分けられない」ことを暗示する並べ方をしています。

つづく
[PR]
by dobashiyoko | 2011-12-08 23:22 | モンテッソーリ教育