パパやママとペンキ塗りしたり、ワークショップに参加したり。インテリアを自分達で作る喜びが家族の時間を豊かにする。日本の子供の育つ環境が今より素敵になるよう、出来ることから挑戦する土橋陽子のブログ。
by dobashiyoko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
照明
洗足カフェ
インテリア
雑記
ペイント
お茶
イベント
モンテッソーリ教育
子連れ外出
material&experiment
ロボットコンテスト
子連れ旅行
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
アンティーク・雑貨・アー...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
お知らせ:HPを作ったので、..
at 2014-06-03 17:51
AllAbout に記事を書..
at 2014-04-17 11:42
バルカナイズドファイバー_フ..
at 2014-01-09 13:33
バルカナイズドファイバー_フ..
at 2014-01-09 11:49
参加者募集中!!冬のfelt..
at 2013-11-24 14:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
インテリア・収納
旅行・お出かけ
画像一覧

カテゴリ:モンテッソーリ教育( 4 )

娘の卒園式を終えて1-思い出の園舎

 
e0253101_18143331.jpg


 すっかり、ご無沙汰してしまいましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか?
ご無沙汰している間に、娘はモンテッソーリ綜合研究所付属「子どもの家」を無事卒園いたしました。

e0253101_10205977.jpg

→モンテッソーリ綜合研究所付属「子どもの家」
 去年の卒園式は震災の影響で1週間のび、様々なおうちの事情で卒園式に出られないお子さんもいらっしゃいました。今年、全員そろって無事に卒園式・謝恩会を開けたことは今となっては奇跡のようにも思えます。

 今年は私自身、我が家恒例の年始スキーの折、風邪をこじらせて肺炎になり1ヶ月寝込みました。その間に緊急入院した実父は先生の「余命」宣告の通り亡くなりました。病み上がりの朦朧とした意識のまま、治らないことを知らない父親に毎日顔を合わせ、日々看病疲れしていく母を見るのは非常につらく、それでも「別れ」の時間をきちんと持てたことは、どれだけ救いがあっただろうかと、突然大切な人やものを失くした方々の痛みを想うと胸が苦しくなります。

e0253101_0461452.jpg

 私達の幼稚園生活も、地震とは切っても切れない事件がありました。
2009年4月。娘がプレ年少さん(2歳児クラス)、息子が年中さんクラスを終える頃でした。保護者から出た「耐震性への不安」の声に事を発し、調査の結果、幼稚園は「引越し」をしました。今の園舎にも思い入れはたくさんあるのですが、今回は旧園舎のお話をしたいと思います。
(そして、環八にたつビルの現園舎が子どもにとっては「昔とちっとも変わらない、おんなじ幼稚園」と言われているフシギについては、また違う機会にお話したいと思います。)

e0253101_2214651.jpg

 昔の園舎は「鳳凰閣」といい、洗足池の自然あふれる環境に建っていました。元は渋沢栄一が財界人達と建設した「勝海舟記念館」でした。

のぞくと、こんな風にレトロな空間です。
大きな部屋が二つあり、その横に図書コーナーと和室&キッチンがありました。
e0253101_049456.jpg


図書コーナーには各種図鑑が揃い、絵本もたくさんあります。お兄ちゃんが年少さんの頃、「シンデレラ」を借りようとしたときに、お友達に「それは女の子の読み物だよ」と言われて、恥ずかしかったのかその週は借りられなかったことがあったのを思い出します。(先生の手助けもあって、翌週誰にも知られずに、無事シンデレラを借りて帰ってくるのですが・笑)
e0253101_2224258.jpg


レトロで、清潔なキッチン
e0253101_22244745.jpg


和室では、お茶会やひな祭りには七段飾り(年長さんが先生と飾ります)、端午の節句のお兜さんを季節ごとにあつらえてくださりました。普段は、折り紙をしたりアイロンがけのお仕事のスペースになっていました。
e0253101_22245669.jpg



耐震性が不安なため、引っ越す前の2ヶ月ほど閉じきった奥の大きな部屋への入り口の分厚い壁は、かつては「貴重な文献」を収めた書庫だったための倉のような入り口になっていました。
e0253101_2234204.jpg


 空間はゆるやかに教具棚で区切られていて、大人の目線の高さではひとつの空間に見えますが、子どもには小さな空間やお部屋がたくさんあるように見えたのではないかと思います。

毎年テーマを決めて製作される「壁画」。この年は「時間」で、写真は「朝」と「夜」になっています。毎日「日付」を書いた紙片を部屋の壁につなげて貼って、1年たったら「ものすごい長さになっている!」紙を巨大蛇のようにみんなで持ちました。「見えない時間」を「見える」ようにする工夫に目からうろこでした。
e0253101_22403925.jpg


「途中」のお仕事をしまっておく棚。何ヶ月もかかるお仕事もあれば、すぐ終わるお仕事もありますし、「今日はこのお仕事の続きはしないけれど、明日の朝やる」ということを「自分」で幼児がスケジュールを組んでいるフシギを垣間見れます。
e0253101_22411213.jpg


鼻をかむ時、ティッシュを左のフェルトの上に乗せて、ガイドラインどおりに半分に、つぎにまた半分に折ると「かみやすい」大きさに2歳児でもできます。
e0253101_22462752.jpg


整理整頓された、教具棚は大人の腰ぐらいの高さですが、子どもには仕切り壁ぐらいの高さに感じられると思います。教室にいくつもの「コーナー」があるので、安心して好きなところに椅子を置いたり、じゅうたんを敷いたりしてお仕事に取り組むことができます。
e0253101_22464075.jpg


現在は、大田区が買い取ることになったようで取り壊されないことになったらしくホッしております。
[PR]
by dobashiyoko | 2012-03-14 23:21 | モンテッソーリ教育

モンテッソーリ算数教育(2歳児~6歳児)その2

 前回に続き、美しいモンテッソーリの算数教育の教具の紹介をさせていただきます。モデルは当時3歳の長男です。

e0253101_1932060.jpg

 シール貼りをしながら、「数と数詞の一致」と、色で「緑→2」といったようなことを刷り込んでいます。後の上級算数(小学生以降の算数)で行うさまざまな計算にあたって、考え方の過程にフォーカスするために、前提の数の段階で間違わないようするための仕掛けになっています。
*ちなみに、純粋にシールを丸に貼っていく「シール貼り」のお仕事は、2歳児人気ナンバー1の活動です・笑 シール貼りの延長から、この数の世界に入っていくお子さんも多いとのこと。数の世界への入り口は様々あります!

e0253101_23473825.jpg

「シール貼り」のお仕事から「金ビーズ」(「金ビーズ」は算数の計算をいていく上で、すべての前提になっていく、モンテの算数教育の非常に重要な教具です)へ移行する途中段階の「色ビーズ」と「数詞」の一致をしているところ。
写真ではよく見えませんが、ビーズとビーズの間に厚紙を挟みいれて、実際にビーズがいくつつながっているかひとつひとつ数えて確かめています。先ほどの「緑→2」と同じ色の法則で、ビーズも色分けされています。ビーズの大きさ、重さは金ビーズと同じです。

e0253101_23474991.jpg

ついに出たー!!!(かなり、興奮してしまいます)これがっ、かの有名な(?)「金ビーズ」です。イミテーションの真珠のような一粒の「金ビーズ」を「1」として、針金でつながっていきます。本来、数には色がないので、色ビーズより「数」の概念に近くなっています。

 金ビーズは「10」になると形が変わります。(つまり、この前段階に「10」の概念をわかっている必要があるのですね!)
・写真の一番息子に近い、一粒の金ビーズが9個ならんでいます。
・次の「10」で形が変わります。「線」のような形に10粒のビーズが連なった金ビーズを扱っていきます。それが9つ並んでいます。
・次の「10」で形が変わります。「線」のようだった「10」を10本並べると(つまり100)「面」ができます。(俗に「座布団」と呼ばれることもあります)それが9つ並んでいます。
・「100の座布団」を10枚重ねると(つまり1000)キューブのような形になります。これくらいになると、金ビーズはかなり「ずっしり」とした重さになり、「1000ってずいぶん多い数なんだなぁ」と、しみじみ感じます・笑 *写真のキューブ形のものが「1000」です!

 「1」や「1000」は「
 「10」は「
 「100」は「

そして、「1000」のキューブを10個並べると「線」のような形になっていき、つまり数の世界は「点・線・面」で構成されている(らしい)フシギを無意識のうちに体験していきます。

 モンテッソーリ教育では、数の概念をダイナミックに10進法でまずは刷り込みます。
この時点では3歳児の皆さんは、1→9まではわかるのですが、10の次が「11」であることは知りません・笑 10の次は20(10連なった金ビーズ2本)であり、100の次は「200」ということになっています。
 このあと、10から100までは11、12、13・・・99、「100」であることを学んでいきます。

 「金ビーズによる、様々な演算」へつづく。(まだまだつづく・・・)

**************************************************************


■現在、募集中のワークショップ
e0253101_9412617.jpg

■第1弾「feltで作るlet's light!」 *電源は天井引っ掛けシーリングになります。
開催日時:8月3日(土)11:30~、14:30
8月4日(日)11:30~、14:30
開催場所:ファブカフェ  東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F
tel:03-6416-9190
参加費:4500円
・定員:各クラス4名程度
・対象年齢:3歳~何歳でも
  *小学生までは、保護者同伴でお願いいたします。
・服装:汚れてもいい格好
・おおまかなプログラム内容:レーザープリンターでその場でカットされたフェルトの照明の傘を、刺繍糸をつかって組み立てます。小さなお子さんはボンドで。デジタルファブリケーション初心者向けの楽しい、手芸要素もあるプログラム。申し込みはファブカフェHPにてお願いいたします。

*詳しく内容を知りたい方は、下記の関連記事をご覧下さい。
ルーミーさんの記事が、よくまとまっているかと思います(私の記事よりも・笑)




 
[PR]
by dobashiyoko | 2011-12-09 00:02 | モンテッソーリ教育

モンテッソーリの算数教育(2歳~6歳編)その1

 デザインも美しいモンテッソーリの教具の中でも、特に美しくて魅力的なのが算数教育の教具!!数がナニなのか、「感覚」的なところから始まり、「かず」と「数詞」との一致、重さによる量の把握、10進法の中に潜む「点・線・面」でこの世は構成されているフシギに触れることができます。

 後につながる「上級算数」(6歳~)の序章でもあり、奥深い数の世界への入り口に、当時2歳だった長男が無垢な好奇心で関わっていく様子を追っていきます。

 とにかく、電車が好きで整列させることが大好きだった息子。当時1歳。そばボーロを食べているはずが、少し目を放した隙に・・・
e0253101_012176.jpg


 電車に見立てた食器類は配列され・・・
e0253101_01433.jpg



 たぶん、電車に見立てた棒を並べて配列しているのが、この「お仕事」を「やってみよう!」と思ったきっかけなのではないかと思われます。ならば、かなりのモチベーションの高さで関わっているのではないかと思われます・笑
e0253101_2334635.jpg

これは、長さによる1から10までの数の大きさを「長さ」であらわしています。わかりやすいように、赤と青で塗り分けられた木の棒を交互に並べるお約束をしてあります。
 *この前段階に赤1色の棒の長さ(重さ)の変化で、数の大きくなる感覚を体感する教具もあります。それは、この赤・青と同じ長さ・重さで構成されています。
 
 写真で、彼は「数詞」を棒と対応させています。
子ども達は「量」としての「かず」を体感し、(赤い棒はだんだん長くなるにつれ、重くなる等)同じ感覚ずつ増えていく様子をつみき遊びのように体を動かしながら感じ、「かず」に固有の名前「数詞」がある、ということを教えられて、感覚的に一致させていく過程を経て理解を深めていきます。

e0253101_23271919.jpg

数詞と数を今度は別のアプローチで「提示」を受けている様子。先生の並べ方に注目してください。
奇数の数詞のおはじきは「真ん中」に置かれています。後に、偶数は「おはじきの真ん中を指で2つに分けられる」もの。奇数のものは「真ん中におはじきがあって、2つに分けられない」ことを暗示する並べ方をしています。

つづく
[PR]
by dobashiyoko | 2011-12-08 23:22 | モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育ってナニ?

 うちの子供達は二人とも、モンテッソーリ教育のある環境で育ってきています。日本では、モンテッソーリ教育の小学校は認められていないので、小学校2年生の息子は毎週水曜日に「幼稚園の小学部」に通っています(ややこしい・笑)
 →日本モンテッソーリ教育綜合研究所付属「こどもの家」
 
 皆さんは、モンテッソーリ教育という言葉をご存知ですか?

 「モンテッソーリって何ですか?」と聞かれるたびに、
「個性を尊重し、 自立を促す教育で、100 年以上前にイタリアで生まれた教育法です。イタリアの1000リラ札には、モンテッソーリ教育の生みの親の、マリア・モンテッソーリのお顔が印刷されているんですよ」とか、パッとしない答え方をして、悩んでいました。

e0253101_122294.jpg

・・・アップにしたら怖かった。

 そこに、先日美容院で読んでいた雑誌に、「ピースボート子供の家」を主宰する深津高子さんのインタビューにいい言葉が載っていました。

魚をあげるか、釣り方を教えるか

 「私は魚を難民に与えるのではなく、魚釣りの方法を教えるような、相手の自立を尊重した活動がしたい」「そんな新しいやり方として、モンテッソーリ教育を学びたくなった」と。
 きっかけは、自分探しで出かけた難民キャンプ先で使っていた竹の教具が美しく、聞くと「モンテッソーリ教育の教具」と答えられて、何かと聞くと「世界平和を目的とする教育方法です。世界平和は子供から始まります」と言われ、そのときはよくわからないでボランティアを続けていたが、後に勉強するために帰国したというエピソードでした。

 まさに、その一言が欲しかった!という言葉でした。

 魚を与えれば、とりあえずの満足は得られるけれど、恒常的な満足は得られない。その結果、他人の魚を奪うしか方法を知らないと争いになる。魚の釣り方を知っていれば、糸を大海原に垂らしている間も、おなかはすいていても満たされた心で待つことができます。釣れなかったら、次は釣れるための工夫をします。自分でできることを自分でする。できない人がいたら、できないところを助けてあげる。当たり前のことですね。(じゃあ、なぜ戦争はなくならないの?と聞かれると困りますが)


 では、具体的に「できないくせに、やりたがり、結局できなくて、暴れる」うちの子(想定年齢2歳~4歳)を、どうやって「尊重して導く」方法があるというのでしょう?

 子供にもよりますが、年少さんくらい(2歳~3歳)は日常生活のことをやりたがり、秩序にこだわります。例:パパの席におばあちゃんが座ってはいけない。公園から、おうちに帰る時は必ず小さな祠でガランガランを鳴らす(たとえ寝ていても、鳴らさないで帰宅した場合は戻るまでぐずる等)
e0253101_1263060.jpg

上の写真のように、幼稚園では「お仕事」と呼ばれる一連の活動に必要なものが、トレーに乗って、子供の届く高さの棚に整然と並んでいます。その中から、やりたい活動を自ら選び、自分で決めた席にトレーを置いていすを持ってきます。(床でやる活動の場合は、巻いてあるじゅうたんを自分で広げます)うちの子は、同じ色を一対にする活動をしています(当時2歳)

e0253101_11342174.jpg

モンテ:「色水の移し変え」(日常:「牛乳ダーっ」)
1、2歳児のお子さんをお持ちの方なら、食事タイムに見られる惨劇「牛乳ダー」を何度もご経験されているはず!!これは「手首の動きの獲得」後に字を書くときなんかに必要な基本動作を子供が獲得するために、どうしてもやりたい動作なんだそうです。
トレーには、「2つのデカンタ」「小皿に乗った小さなふきん」「パックに入った雑巾」がセットされています。
・デカンタを移し変えた後、液垂れしていたら小さなふきんで拭くこと。
・こぼしてしまったら、雑巾でふき取り洗って物干しに干しておくこと。
を先生に言われており、「こぼさないように注ぐ」動作をゆっくりとした動作で先生がやって見せてくれてから、取り組みます。
当時2歳の息子の液垂れをぬぐう真剣さたるや!鬼気迫るものがあります・笑

モンテの先生方になろうとしたら、「やらせてみて、失敗した子供にそれみたことか、できないでしょ」という、子供の自尊心を傷つけるようなことは絶対にしないよう訓練を受けなくてはいけないそうです。
失敗しても、後始末の方法を知らされているので、子供達は心静かに堂々と「お仕事」(一連の活動をモンテッソーリでは、お仕事と呼びます)に取り組みます。
      
e0253101_1274684.jpg

モンテ:ほうきとちりとり(日常:紙片を用いた、やり散らかしっぱなしの「さくら吹雪」)
ほうきで掃いて、ちりとりで集めるために、わざわざトレーに細かいものを散らかして、掃き集めます・笑 子供は、これが大好き。うちでは、ダイニングのカウンター下にほうき&ちりとりセットをかけてあります。
e0253101_12421694.jpg


 幼稚園では、2歳半~6歳の子が縦割りで活動しています。
入園当初はオムツトレーニング中の子がほとんどです。よく「お漏らし」をします。
すると、
・年上の子がトイレ横にある、「赤いバケツ」を渡してあげて、
・2歳児はバケツに汚れた下着を入れ
・お着替え袋を自分のロッカーから出し、
・新しいものに履き替えて、「赤いバケツ」をやおら洗面所に持っていってゆすいで、絞っていた!
・絞った下着をビニール袋に入れて、ゴムでしばり、ロッカーの中からリュックを出してしまう。
この一連の活動を、本当にやるのです。大げさでなく最初は10分ほどかかります。ちなみに、「絞る」動作の基本は上記の「色水うつしかえ」で獲得した手首の使い方の応用とか。

がーーーんですよ。
 

 世間では、あたかも一部の「こだわりをもった人達」のお子さんが特別に受ける「こだわりの教育方法」みたいに扱われ、「知る人ぞ知る」状況にあるのが、本当にもったいない!お受験用に、意図的に編集されたモンテッソーリ教育がはびこっているのが世知辛いし、声をあげてもう一度モンテッソーリ教育をお勧めします。

 入門書としてお勧めなのは、
相良敦子さん著 
「ママ、一人でするのを手伝ってね」

モンテッソーリ教育の教具は、デザインも本当に素敵なんです。
またの機会にご紹介いたします!!!
 

 
[PR]
by dobashiyoko | 2011-11-29 13:27 | モンテッソーリ教育